アディダスのランニングシューズを選ぶなら「ランニングシューズチャート」は要チェック!

ランニングシューズを選ぶときに、是非参考にしてほしいのが、この「アディダスランニングシューズチャート」です。

adidasshosechart
アディダス ランニングシューズチャート

 

このチャートはアディダスだけですが、グラフィック的にもズバッとわかりやすくなっており、的確にシューズの対応レンジを示してくれています。

 

右に行くにつれて上級者向け(≒軽い)となっていて、boostModelの場合は上に行くほどboostフォーム(バネクッション)含有率が高くなります。

 

一番左はどれにもカテゴライズされないシューズ(スプリングブレードとか履いてるの見たことないけどw)があります。どなたでもという意味で。

 

 

ちなみに僕が持っている「adizero japan boost」はというと・・・

サブ4レベルでboostモデルの中では最上位にあたりますね。

実際、僕は現状はサブ4レベルのランナー(フル未経験なのであくまでも「自称」ですが・・・)なので、このチャートではマッチしてるということになります。

実際、「【レビュー】買ってよかった!アディダスサブ4向けランニングシューズ adizero japan boost」でも書きましたが、アフリカのトップ選手もadizero japan boost(海外ではadizero adios boost)を履いてたりするので、もしかしたらサブ3程度まで対応できるのかもしれません。

 

というわけで、アディダスだけいはなってしまいますが、是非参考にしてみてください。