ハセツネ2018に参加します。自分としては2015年以来の挑戦です。
※3年前のレビューはこちら↓
・完走記
【レースレビュー】第23回ハセツネCUP(2015) サブ12達成してきました。
・装備・補給編

第23回ハセツネCUP(2015) サブ12へ向けて<装備・補給編>
・時間配分・戦略編

第23回ハセツネCUP(2015) サブ12へ向けて<時間配分・戦略編>

3年前はサブ12という目標でしたが、今年はサブ10を目指したいと思っています!
そこで時間配分と戦略をメモしたいと思います。

スポンサードサーチ

目標タイムテーブル

START〜1CP、1CP〜2CP、2CP〜FINISHの3区間の時間比率が大体
3:3:4
になると言われています。
過去のリザルトを見ても大体そんな感じです。

START〜浅間峠

ハセツネで最もキツイ区間がここです。小刻みなアップダウンがあり、着実に脚を蝕みます。

また、シングルトラックが多いので、選手間が近く、自分のペースで走りづらくなるので、遅いペースに巻き込まれるとあとあとキツくなります。

あとは渋滞を避けなければいけません。ハセツネ名物の渋滞ですが、最初に出くわす渋滞ポイントである広徳寺の先のトレイルは、ふるさと納税により整備されたようで、少しは緩和されそうです。

浅間峠までは3時間は確実に切っておきたいので、自分のペースで進めるように、今熊神社あたりまではやや飛ばし気味でもいきたいと思います。

入山峠も渋滞ポイントの一つ。前回は1時間で通過しましたが、約2分ほどの渋滞でした。今年は50分で通過したいです。

ここを抜ければ自分のペースで行けると思うので、なるべく歩かず進みたいと思います。

浅間峠〜月夜見第2駐車場

ここからの区間はあまり覚えてないので、なるべく明るいうちに多くを走っておきたいと思います。
また走れる区間でもあるので、西原峠までは貯金を作っておきたい区間でもあります。

西原峠から三頭山は50分程度の登り。ここは我慢して淡々と登るしかなさそうです。今回はポールを持っていこうと思うので(浅間峠からポール使用可)、なんとか脚を休ませながら淡々と登りたいところ。

月夜見第2駐車場〜長尾平

この区間は8月に試走したばかりで、特にキツいところは無い印象です。
コースロストのリスクが高いところがありますが(小河内峠〜御前山で、トレイルを右に逸れるコースがある)、ここを確実に行けば問題は無いと思います。

御前山の前に惣岳山という偽ピークがあるのを認識していれば、御前山もそんなにキツくは無かった印象です。

御前山の後は、大ダワまで下り基調なので、ここでしっかり走れるようにしたい。

大岳山の取り付きまでも走れるトレイルなので、止まらずしっかりと。

大岳山は急ではありますが、10~13分ほどで登れるので、無心で登りたいと思います。

大岳山からはガレた下りが続きますが、3年前は前にいた選手に巻き込まれスムーズに行けなかったので、今年はそうならないようにしたいです。

大岳山荘以降もガレて、また狭いトレイルが続くので慎重にかつすばやく進みたいところ。

長尾平まではほとんど下りなので、飛ばせるようであればここでなるべく貯金を作っておきたいです。

長尾平〜FINISH

長尾平からはあと1時間20〜30分でゴール。ここでどのくらい時間に余裕があるか。最低でも1時間20分はほしいところです。

日の出山の取り付きの鳥居まではひたすら走れるので、ここもダッシュの勢いで走りたいです。(脚が残ってれば。。)

鳥居から日の出山山頂までは約10~15分。階段は無理して走らず、ゆるい坂はなんとか走りたいです。

日の出山からはようやく金毘羅尾根。ここは下り基調ですが、とにかく長い。。

目安もないため、ひたすら暗闇を走っていくしかありません。

尾根の終点であるコンクリ橋までは約50分ほど。信越五岳の最後の林道と大体同じ時間。しかも金毘羅尾根は90%は平坦&下りなので、信越の林道走れた自信を胸に出し尽くしたいと思います。

レースプラン

・前半の渋滞に巻き込まれないように上位50位くらいで今熊神社あたりまで頑張る
・とにかく浅間峠までは多少オーバーペースだとしてもオンタイムで進む。
・浅間峠以降はポールを効果的に利用
・西原峠まではできる限り暗くならないうちに進んでおく

補給計画

・水分は3リットル
 ・水+経口補水液 1.5 (ハイドレ)
 ・水+クエン酸 0.5 (フラスコ)
 ・コーラ 0.5 (フラスコ)
 ・水 0.5 (フラスコ)
 経口補水液アミノバイタルの粉末クエン酸メダリストの粉末をそれぞれ持っていく。


・補給は、30分ごと塩熱サプリジェルまたは固形物を摂る。
 ・ジェル
  ・MAG-ON
  ・MCTサプリメントゼリー
  ・粉飴ジェル


 ・固形物
  ・エネモチ
  ・菓子パン

装備

・シャツ(暑ければノースリーブ)
・パンツ
・レインウェア上
・ウインドシェル
・グローブ
・アームウォーマー
・ファーストエイドキット
・ザック
・ポール

正直、信越五岳で痛めた脚の調子は芳しくはないですが、なんとか10時間でゴールできるように全力は尽くしたいです。