【レースレビュー】信越五岳トレイルランニングレース 2015 完走してきました(後編)

先日のシルバーウィークに開催された「信越五岳トレイルランニングレース」のレビュー後編です。

↓↓前編↓↓
【レースレビュー】信越五岳トレイルランニングレース 2015 完走してきました(前編)

 

後編は夜だったので、ほぼ覚えておらず、、、&写真も全然撮ってませんw

5A乙見湖~6A大橋(81.0km)

この区間はアップダウンはそこまでない。
ひたすらトレイル?遊歩道?を走っていく。
ただ道はぐちゃぐちゃ。この区間を夜走るのはしんどいだろうな。なんとか明るいうちに6Aに到着できた。
具のない味噌汁が身に染みる~。最高にうまかった~。味噌汁最高!

休憩もそこそこに、ライトを頭と腰につけていざ出発。いよいよナイトラン。

この時点で12:25:08、209位
20人近く抜いたけど、予想より時間がかかってしまい5Aまでで稼いだ貯金もあと5分しか残っていない!!

6A大橋~7A(87.0km)~8A戸隠スキー場(92.3km)

6Aを出るとしばらくアスファルトの登り。
最初は歩いていたけど、寒くなったので走る(しかない)。
トレイル区間からはほぼ記憶にない。
名所の戸隠神社奥社も真っ暗で全く見えず。。
次参加するときは明るいうちに通過したい!!
急激な登りもなく7Aに到着。
簡単に補給を済ましそそくさと進む。
8Aまでも暗くて全く覚えていない。
結構一人区間が続いたのだけは覚えている。
走ってると草むらからガサゴソと何か音がしたが、大きめの咳払いをして、その何者かに対して牽制する。そしてレースの道標を見つけて安堵する。その繰り返し。
たまにランナーに遭遇し道を譲ってもらい、なんとか余力を残したまま8Aに到着!

ここで待望の蕎麦を食べる。温かいものがほんとに身に染みる。。ありがたい。
レースプロデューサーの石川さんから「大丈夫ですか?」と労をねぎらわれて元気が出た。

トイレを済まし、あとはラスボス瑪瑙山へ!

この時点で
14:27:49 203位
ほぼ目標タイム通り。脚もまだ残っている。18時間以内も完全に視野に入ってきた!

8A~GOAL

しばらくトレイルを走ると瑪瑙山登山口に到着。いよいよラスボスと対峙。
しばらくゆるやかな登り(だったと思う)、中腹からガンと急登が待ってました。。
ドロドロで滑る滑る。踏ん張った脚にダメージが蓄積される。
ガシガシと登ってはいたけど、半分過ぎたあたりで止まらざるを得ないくらい疲れていた。
他のランナーの脚も止まる。
これがラスボスか、、、と。

ただ、レース前の練習で行った雲取山の登りっぱなしのほうがキツかったことを思い出し、
気合で先を進む。

ようやく頂上に到着!
ただ、石川弘樹さんのFlowTheTrailで見た瑪瑙山とは雰囲気が違うぞ?季節のせいか?
と半信半疑ではあるが、いいペースで下る。
しばらくいくと、そこにはなが~い急登に多くのライトが列をなしている。・・・・!!!!
DVDで見たのはこの登りだよ!やっぱりそんなに甘くないよねー。
この急登がラスボス瑪瑙山。95km走ってきた脚ではかなりキツイ。心も折れそうになる。
そこでambitも電池切れ。自分の電池は切らさないように休憩しながらも登る。
でようやく山頂に到着。ゴールではないけどある程度の達成感に浸る。

それからがもっとキツかった。登った分しばらく激下り。結果的にこれが一番辛かったかもしれない。
足にガンガン衝撃が。。抑えようとしても抑えられない。調子がよければ楽しく下れたけど、
さすがに100km近く走った後には堪えた。。

もう登りはないかなーと思いきや、まだ飯縄山?の登りに出くわす。
これにはまた心が折れかけた。しかもようやく100km看板が、、「やっとかよ」と心で強めにつぶやく。
登りきり、しばらく走ると、水エイドに到着。
そこから林道7.9kmでゴールとのこと。

この林道も長い長い。。しかも若干登ってるし。。
しばらく頑張って走るものの、途中で心折れて歩き出す。
おまけに途中からレースに飽きてしまい、「もういいよ。歩いても18時間だし。」と心で何度もつぶやく。
とはいいつつも早く終わらせたいので、心を無にして走りだす。そして3分くらいでまた歩くというのを何度か繰り返す。
途中歩いているランナーさんと10分ばかりおしゃべりをする。こういう楽しみ方もトレイルランの醍醐味ってことで。

下り貴重になってきたので、そのランナーさんを残し自分だけ走りだす。
下りは惰性でいけるので、ぐんぐんスピードに乗れた。
が、すぐに疲れて歩き出す。
腹は減ってないけど、活を入れるためジェルを補給。
するとすぐに力が湧いてきた。ジェルってすげーな。
ここからは下りも平地も登りも頑張って走る。
係員の方から「あと3km!」と聞き俄然力が湧き出てきた。
そこからはキロ4分台くらいでガンガン下る。
ランナーもガンガン抜かしていき、「もうすぐゴールです!頑張りましょう!」と励ます余裕まで出てきた!

待望のゴールゲートが見えてきた!
これは本当に感動!「これ見たことある!」と思わず叫んでしまった!
ジャケットのファスナーを開けて、チームロゴを見せながらゴール!

17:42:50
191位

110km走れてしまった。
おまけに18時間切りの目標達成!!
ある程度自信はあったけど、本当に達成できるとは!!
ゴールの瞬間は感動・達成感・安堵感いろんなものが入り混じったなんとも言えない感情でした。

やっぱロングレースを完走するって、ミドルレースとはわけが違うんだな~。

総括

目標タイム通りで、怪我もなく具合も悪くならずゴールできて本当に満足できた大会でした。
コース、景色、運営、エイド、参加賞などなど、本当に素晴らしい大会です。
毎年超人気で評判がいいのも頷けます!

ただ、自分はロングレースはしばらくいいかなとも思ってしまいました。
が、このエントリーを書きながら「信越ならまた走りたい」と、時間がたった今ではそう思えてきました。
次はペーサーで参加というのも楽しそう。

僕のようにロングレースを始めて走るという方には、本当におすすめのレースです。
ただ、瑪瑙山はキツイ(登りも下りも)のでそれなりの覚悟はしておいたほうが良いですが、、、

レース結果

地点 タイム 総合順位 種目別順位
1 スタート 0:00:11 166 157
2 2A(斑尾高原レストランバンフ)OUT 3:21:30 437 394
3 4A(黒姫高原)OUT 7:31:02 321 290
4 5A(笹ヶ峰高原乙見湖)OUT 10:08:27 231 211
5 6A(大橋)OUT 12:25:08 209 191
6 8A(戸隠スキー場)OUT 14:27:49 203 187
7 フィニッシュ 17:42:50 191 175

【レースレビュー】信越五岳トレイルランニングレース 2015 完走してきました(後編)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。